JOHN LAWRENCE SULLIVAN 2018-19年秋冬コレクション

JOHN LAWRENCE SULLIVAN – ジョン ローレンス サリバン

2018-19年秋冬コレクション LOOKが公開されました。

 

ジョン ローレンス サリバンが2018-19年秋冬コレクションでインスパイアされたのは、”PSYCHOPATH(サイコパス)” “PSYCHO KILLER(サイコパスキラー)”と二面性を持った様々なキャラクター像。

デヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス』マーティン・スコセッシの『タクシードライバー』やオリバー・ストーンの『ナチュラル・ボーン・キラーズ』などの映画が着想となっている。

テーラリングとカウボーイ要素を融合させつつも、ジョン ローレンス サリバンらしい強さや美しさがある。

ウェスタン調なネクタイ、ベルトのアクセサリー、奇妙な形のグロープ、3種類のサイコパスな形のサングラス、カウボーイブーツとヴィブラムソールを組み合わせたシューズなどが特徴的。

例えば黒のニット×レザーの方にあてられた”dexter” “sinister”という文字は、右と左、善良と邪悪といった二面性の言葉を含んでいる。

クラウチングスタイルは、今回のキーワードであり、ブランドのDNAであるボクシングスタイルの構えからエポレット、ポケットなどと挑発的に展開した。

 

 

 

下記のURLから全LOOKをご覧いただけます。是非ご覧ください。

https://www.fashion-press.net/collections/8676

 

 

コメントを残す

CAPTCHA